雑誌&付録【4】:アニメージュ

 2005/05/30 
「月刊アニメージュ 1990年2月号(VOL.140)」 発行元:徳間書店 表紙イラスト(セル原画):菊池通隆 特集内イラスト:奥田万つ里、美樹本晴彦、結城信輝、後藤隆幸、
松崎明美、梅津泰臣、なにわあい、黄瀬和哉 判型:A4判

シュラト 参考資料

雑誌&付録【3】:B-CLUB

 2005/05/16 
「B-CLUB 51号(1990年2月号)」 発行元:バンダイ 表紙イラスト(セル原画):菊池通隆 判型:A4判

シュラト 参考資料

名古屋城Tシャツ

 2005/05/09 
名古屋城Tシャツ 学生時代の課題作品より。
「名古屋城のお土産として売られるTシャツの図案」というお題でした。
「程よいダサさ」を意識しつつ、
名物の金の鯱(しゃちほこ)を素直に取り入れたデザインに。
ただ、これを「NAGOYA」と読ませるのは少し苦しいかも。

ところで、鯱には火災除けのお守りとしての意味が込められているそうです。
そして、その原型はマカラ(インド神話上の海獣)であるとか。
先代八部衆の闥婆王の名前に使われている、あのマカラです。おお!
思わぬところで「シュラト」つながりな課題でした。
追記:「WCR24御礼(2014/06/30)」より「WCR」=「Webclap Ranking」 「『WCR御礼より』について」「WCR御礼より」追加記事一覧 上記のとおり、こちらは学生時代の課題作品で、
「観光地のお土産らしく、そして名古屋らしく、ベタでちょっとダサいライン」
を狙ってデザインしたものでした。
一応、この1対の金鯱は、天守閣についているとおり雌雄という設定で、
上の「G」をバックにしている方がオスで
下の「O」をバックにしている方がメス、です。
厳密には、雌雄で鱗の数が違っていたりするそうですが、
そこらへんは、まぁ、気持ちの問題で……。

あと、このコンセプトとしては海外からの観光客のことも意識していて、
「ゲーイシャ! ニーンジャ! フジヤーマ!」な方々が
「ワーオ! シャチホーコ!」みたいに喜んでくれるといいなぁ、
なんてことも想定したりしていたのですが、
国際的には金の鯱の知名度って、どんなもんなんでしょうね?
名古屋人的には金鯱は専売特許みたいなイメージもあるものの、
別にこれ、名古屋限定ってわけでもないんだよなぁ、実は。

そこらへんの謎はともかく、この作品には、
制作にあたってみんなで名古屋城へ出かけたり
実際にシルクスクリーン印刷でTシャツにプリントしたりして、
楽しかったなぁ、という思い出があります。
鯱も、私なりにちょっと可愛らしく図案化できたかな、
と今でもけっこうお気に入りな1枚です。

と、今回はこんな感じで〆。
拍手を送って下さったみなさま、ありがとうございました!

イラスト

雑誌&付録【2】:Fanroad

 2005/05/02 
「月刊Fanroad 1990年1月号」 発行元:ラポート 判型:変型判

シュラト 参考資料

Popular Artworks

サティ&レンゲ
修羅王シュラト
調和神ラクシュ
天のきざはし
花一杯に君を待つ
彼岸
追想
かえりみち
ローズビューティー2013
調和神スーリヤ
イリル・ウーンドフィンガー
にゃんこ

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
日常ブログ「花楽紗 memo」

ブログ アーカイブ

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ