フィギュア【2】:修羅王シュラト(本体編)

 2014/11/13 
「天空戦記シュラト 修羅王シュラト アクションフィギュア」 発行元:Kids Logic(2014年) 「修羅王シュラト フィギュア(パッケージ編)」の続きです。
さあ、待ちに待ったシュラトのフィギュアですよ!
いろんなポーズ取らせて遊んじゃうわよ!
と心ウキウキだった私ですが、
いざ組み立てる段階で、ものすごく苦労する羽目に……。
私がフィギュアの扱いに不慣れすぎるだけかもしれませんが、
各パーツを組む時の力加減がよくわからない。
「えっ、こんなに力入れてぐいぐい押し込むものなの!?」とか、
あらかじめ組み上がっていたパーツを取り替えようとしたら固すぎて
「えっ、これ全然外れないんだけど! えっ、何これちょっ、ええー!?」とか。
そのくせ、あちこちパチッとカチッと気持ちよくはまってくれず、
ちょっと手のパーツをいじっている間に他のパーツが転げ落ちたりして、
ひととおりシャクティ姿のシュラトを完成させるだけで疲労困憊。ふええ‥‥。
しかもその後、バルダ形態に組み替える時に気付いたのですが、
組み立て説明書の一部が間違っていませんか、これ。
さらには、あらかじめ組み上がっていたバルダ用の素体の一部で
左右逆になっていたパーツがあったりして、
二重三重に仕掛けられたトラップに見事にはまって混乱していました。
前者はともかく、後者については
たまたま我が家に届いたのがそういう子だった、という可能性もあるけれど、
気付くまでものすごく時間がかかってしまいました。ふえええ……。
そして、大事なことをひとつ。
これ、「『アクション』フィギュア」っていうのは、ちょっと嘘だ。
どうにもバランスが悪い上に関節が固くて、
なかなか思うようなポーズを決めてくれません。
支柱をつけて何とか立たせるだけで精一杯。
いや、もっと思いっきり肩とか肘とか動かしても平気かもしれませんが、
怖くて力を入れられないし、
いじっている間に他のパーツが転げ落ちたりするし、
あちこちの尖った部分が手に刺さるし、んああ!
……って感じになります。
と、組み立てに関しては、個人的にはマイナス面も多いのですが、
造形そのものについては、概ね満足しています。
もともと、修羅王のシャクティのデザインは、
主人公なだけに、かっこよさと美しさを兼ね備えているので、
こうして立体化すると、すごく映えますね。うっとり…

シュラト 参考資料

フィギュア【1】:修羅王シュラト(パッケージ編)

 2014/10/28 
「天空戦記シュラト 修羅王シュラト アクションフィギュア」 発行元:Kids Logic(2014年) TVシリーズ放映から四半世紀を経て発売された、シュラトのフィギュアです。
タツノコからも黒歴史にされている(ように思えてならない)シュラトが
何故このタイミングでフィギュア化されたのか、
ちょっと不思議な気もしますが、
関連商品が新たに世に出てくるのは、もちろんとてもうれしいです。わーい!
ちなみに、放映当時にもバンダイからプラモデルが発売されていました。
シュラト・ガイ・ヒュウガ・リョウマの4人で打ち止めになってしまったようですが、
「バルダ形態にすれば別売のミニ四駆に装着可能!」
という、知る人ぞ知るアイテム。
Newtype1989年9月号の裏表紙に広告が載っているので、
今、久しぶりに引っ張り出して眺めていますが、
うーん、まぁ、当時のプラモのレベルはこれが限界だったのかしら?
丈夫そうには見えますが、シャクティの再現性はいまいち、あんまり、な感じです。
でも、当時の価格で各600円だから、
コレクターズアイテムとして私も買っておけばよかったな。
玩具が売れなかったことが打ち切りの要因でもあったわけだし、
今さらながら、ちょっと後悔。
それはともかく、このフィギュアの発売元は中国のメーカーとのことで、
実際に手元に届くまでは、クオリティその他、いろいろと不安な面もありました。
でも、初めてフィギュアを買った私としては、満足度は、うん、まぁまぁ、かな。
ただし、「よくできているなぁ、すごく好きだなぁ」というところと
「もうちょっとがんばってほしかった……」と思ってしまうところとの差が
とても大きいです。うーん、惜しい。
このフィギュアを購入した人はまだまだ少ないようで、
この記事を作成している時点では、
ネット上でもほんの数件しかレビューを見つけることができません。
世間的にもうちょっと盛り上がって、せめて八部衆全員、
できれば獣牙三人衆とか摩利支天あたりの人気ゲストキャラのフィギュアも
作ってもらえたらうれしいな。
あと、購入するかどうか迷っている方がいらっしゃるなら、
その判断材料のひとつになれたらうれしいな。
そんな想いを込めて、パッケージ&本体を画像付きでご紹介します。
とりあえずは、パッケージから。


外箱のサイズは、およそ縦25cm×横3…

シュラト 参考資料

ユニコーントリオ2014

 2014/02/08 
ユニコーントリオ2014 「午年→一角獣の神甲冑」ということで、那羅王三人娘をチョイス。
一応のテーマは「神甲冑の継承」で、
キキララ風味を目指してひたすらラブリーに仕上げてみました。
ユニコーンちゃんのおなかのお花模様は
「触媒:植物」を表しているつもり。
シンプルな線と塗りで勝負するのは楽しいものの、
センスがシビアに反映されるので、いろいろと恥ずかしい……!
でも、何とか可愛らしくまとまったので、こっそりとお気に入りです。
(拡大版:152KB)
追記:「WCR22御礼(2014/02/28)」より「WCR」=「Webclap Ranking」 「『WCR御礼より』について」「WCR御礼より」追加記事一覧 やー、まず、正直なところ
このイラストにリアクションを頂けるとは思っていなかったため、少々びっくり。
マイキャラ(シャーラ&シーター)と公式大人気キャラ(レンゲちゃん)を
同等に扱ってしまっているので、多くの方はポカーンだろうなぁ、と……。
そして、このページを改めて見て、
シャーラ&シーターについての説明がほとんどないことに気付きました。
あわわ、不親切でごめんなさい……!
(詳しくは「風薫る」内のメモをご覧下さいませ!)
それでも拍手を送って下さった方々には
ほんとうに、もう、この喜びをどうやってお伝えしたらよいのやらー!
わーいわーい、うれしいな〜。

さて、この作品については反省点が山のようにありますが、
中でも特に大きなものが2つ。
まずは、お年賀イラストのつもりが完成が大いに遅れてしまったこと。
まぁ、
「お誕生日こそがその人にとっては新たな1年の始まり、元日」
という考え方もあることですし、
それでいったらサイト開設記念日には間に合ったので
ぎりぎりセーフかな、と思っていますが、く、苦しい?

そして2つめは、あまりにも趣味に突っ走りすぎた1枚になったこと。
二次創作は突っ走ってなんぼだとは思うのですが、
いろいろな意味で他人様の大多数にはポカーンな絵だろうなぁ……。
「絶対に私にしか描けないものを描いた!」という満足感だけは
十二分に得られたのですが、あわわわわ。

あっ、今気付いたのですが、これ、
たぶんきっと、キリスト生誕のイメージも混ざっちゃってますね。
東方の三賢者とか、そういうの。
(聖書に関する私の知識がとんでもなく浅はかなので

イラスト シュラト

Popular Artworks

サティ&レンゲ
修羅王シュラト
調和神ラクシュ
天のきざはし
花一杯に君を待つ
彼岸
追想
かえりみち
ローズビューティー2013
調和神スーリヤ
イリル・ウーンドフィンガー
にゃんこ

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
日常ブログ「花楽紗 memo」

ブログ アーカイブ

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ