彼岸

 2008/11/24 
彼岸 彼岸花を忌み嫌う人は多いそうですが、私はあの赤い花には心を惹かれます。
不思議なかたちで、色も鮮やかで、どこか妖しい美しさがあって。
でも、白い彼岸花は少し怖い。
その色や近寄りがたい雰囲気と、あの世や冥府へとつながる連想から、
冥帝ビカラを思い起こさせる花でもあります。
仏教用語としての「彼岸」が「煩悩を脱した悟りの境地」を意味すると知って、
ますます彼に似つかわしいと感じるようになりました。
(拡大版:204KB)
追記:「WCR15御礼(2013/07/31)」より「WCR」=「Webclap Ranking」 「『WCR御礼より』について」「WCR御礼より」追加記事一覧 花と神将を組み合わせて描くのが好きで、
自分ではひそかに「シリーズ・花と神将」などど呼んでおりますが、
これもその中の1枚です。
アスラ神軍随一の謀将・冥帝ビカラと
勝手に決めた彼のイメージフラワー・白い彼岸花を描いてみました。

思い付いた当初は、もっと青っぽくて黒っぽくて
ちょっと暗くて怖い雰囲気になる予定でしたが、
色塗りに入った頃にふと
「この人は、ただ純粋に、自分の軍師としての才能を
思う存分発揮したかっただけなのでは?」
と気付いて、彼に対する見方がどんどん変化して、
気付いたらああいう仕上がりになっていたのでした。
正義とか悪とか、そういう概念をぽーんと突き抜けて境地に達してしまったような、
そういうのを表現できていたらいいなぁ、
と思いつつ……思いつつ……、どうでしょうか。
仏画っぽく、掛軸っぽく、霊験あらたかな感じに、
というのを目指してひたすら塗り塗りしていたことを思い出します。

ちなみに、イラストの中で上から降っているのは赤い彼岸花の花びらのつもり。
彼岸花の別名の「曼珠沙華」とは「天上の花」を意味しているそうで、
仏教では、慶事の前兆として
赤い花が降ってくるという言い伝え(?)があるのだとか。
というわけで、実はこのイラストには
ビカラが境地を悟った瞬間、みたいな意味も込められているのですねー。
もう何年も前に描いたものなので、他人事のように解説してしまいますが
得たばかりのその「曼珠沙華」の知識を活かしたくて
そういうことを考えながら描いた……ような気がしますよ。

で、いざ絵に描こうとして、あの細長い赤い花びらが
上から落とした時にどういう向きで落ちてく…

イラスト シュラト

Popular Artworks

サティ&レンゲ
修羅王シュラト
調和神ラクシュ
天のきざはし
花一杯に君を待つ
彼岸
追想
かえりみち
ローズビューティー2013
調和神スーリヤ
イリル・ウーンドフィンガー
にゃんこ

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
日常ブログ「花楽紗 memo」

ブログ アーカイブ

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ