先代八部衆【2】:闥婆王マカラ

 2003/11/24 
苦労性な司令塔 アナンタの次に年長(外見年齢は20代後半)で、
このメンバーにおいてはサブリーダーといったポストか?
でも、通常の戦闘ではこの人が司令を飛ばすことが多いので、
ぱっと見はアナンタよりもリーダーっぽいかも知れません。
作戦会議やら何やら、全員で集まって話をする場合には議長を務めたりもするし。
アナンタが一歩引いたところでメンバーを見守る姿勢でいるのとは対照的。
でも2人とも、もしも「大戦」が終結する前に自分たちが倒れても、
残った者たちが天空界を守ってくれるよう、
「八部衆」の質を少しでも高める(=後輩を育てる)ことに力を注いでいる、
という点では一緒です。
年長者ということは、メンバーの死を何度か経験しているはずなので、
そのへんの覚悟みたいなものも培われているのではないかと……。

シュラト 先代八部衆プラス

先代八部衆【1】: 龍王アナンタ

 2003/11/17 
最古参のリーダー格 彼については「人物考察」のアカラナータ彼自身の項で
すでに語り尽くしているし、
他の7人でやりたい放題させてもらっている分、
それ以上のマイ設定は必要最低限に抑えているつもりです。
なので、ほんとうはこのページに改めて載せることはもうないのだけれど、
このコンテンツの取扱説明書として作成しました。

シュラト 先代八部衆プラス

先代八部衆についてのマイルール

 2003/11/17 
現八部衆とは「遠い遠い親戚」のような関係 小説第1巻第2章のヴィシュヌ様の台詞などから察するに、
どうやら「遠い前世」&「現世」ということなんだな、とは思います。
が、転生のシステムを当然のものとして認識している(らしい)天空人は、
かえってそれに縛られることなく「現世」を生きているのではないかな……。
なので、「つながりはあるけれど、個々の独立した存在」ととらえています。

シュラト 先代八部衆プラス

先代八部衆 +:コンテンツ概要

 2003/11/17 
「先代八部衆」とは、1万年前の「大戦」の末期に、
獣牙三人衆の封印やシヴァ宮への突入に携わったメンバーのことを指します。
また、「二次創作」とは、
既存の作品の世界観やキャラクター等を拝借して創作活動をすることや、
それによって生まれた創作物(イラストや小説等)を意味しています。
なお、当サイトにしばしば登場する「マイ設定」もそれに属する言葉であり、
二次創作によって生まれた設定を意味しています。
つまりそれらは、言い方を変えれば、
単なる「妄想・捏造」でしかありません。
これらの解釈は他の方とは異なるかも知れませんが、
とりあえず、このサイト内での決まりとしてご了承下さいませ。

シュラト 先代八部衆プラス

先代八部衆 +:目次

 2003/11/17 
ご注意ここに公開した設定は、管理人(桜衣淑乃)による二次創作です。
公式設定を基本としつつ、自由に妄想&捏造したものです。また、管理人自身の覚え書きとして作成したコンテンツです。
そのため、文体等独りよがりなところも多々あります。タイトルの「+」は「プラス」と読んでやって下さい。桜衣の妄想に毒されたくない方は逃げてー!早く逃げてー!!

シュラト 先代八部衆プラス 目次

人物考察:あとがき

 2003/11/10 
「やった……やりました、インドラ様……」
パタッ(微笑みを浮かべたまま失神)。

………。
なーんて、レンゲちゃんごっこ(小説第2巻序章参照)はこのへんにして。
やっと終わったー! そして、終わってしまった……。
今の気持ちは「晴れ晴れとした寂しさ」(by「動物のお医者さん」)です。
連載が最終回を迎えた時の作家さんって、こんな気分なのかなぁ。
さっき改めてひととおり読み返して、しばし思い出に浸っていました。
ほわーん……(以下は走馬灯モードでどうぞ)。

シュラト 人物考察

人物考察:キャッチフレーズ一覧

 2003/11/03 
各キャラクターのページでは、
それぞれの異名や肩書きなどを見出しとして掲載しています。
ここでは、それらを出典とともにまとめてみました。
各キャッチフレーズにカーソルを置くとキャラクター名が表示されます。
クイズ感覚でお楽しみ下さい。

シュラト 人物考察

Popular Artworks

サティ&レンゲ
修羅王シュラト
調和神ラクシュ
天のきざはし
花一杯に君を待つ
彼岸
追想
かえりみち
ローズビューティー2013
調和神スーリヤ
イリル・ウーンドフィンガー
にゃんこ

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
日常ブログ「花楽紗 memo」

ブログ アーカイブ

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ