フィギュア【2】:修羅王シュラト(本体編)

 2014/11/13 
「天空戦記シュラト 修羅王シュラト アクションフィギュア」 発行元:Kids Logic(2014年) 「修羅王シュラト フィギュア(パッケージ編)」の続きです。
さあ、待ちに待ったシュラトのフィギュアですよ!
いろんなポーズ取らせて遊んじゃうわよ!
と心ウキウキだった私ですが、
いざ組み立てる段階で、ものすごく苦労する羽目に……。
私がフィギュアの扱いに不慣れすぎるだけかもしれませんが、
各パーツを組む時の力加減がよくわからない。
「えっ、こんなに力入れてぐいぐい押し込むものなの!?」とか、
あらかじめ組み上がっていたパーツを取り替えようとしたら固すぎて
「えっ、これ全然外れないんだけど! えっ、何これちょっ、ええー!?」とか。
そのくせ、あちこちパチッとカチッと気持ちよくはまってくれず、
ちょっと手のパーツをいじっている間に他のパーツが転げ落ちたりして、
ひととおりシャクティ姿のシュラトを完成させるだけで疲労困憊。ふええ‥‥。
しかもその後、バルダ形態に組み替える時に気付いたのですが、
組み立て説明書の一部が間違っていませんか、これ。
さらには、あらかじめ組み上がっていたバルダ用の素体の一部で
左右逆になっていたパーツがあったりして、
二重三重に仕掛けられたトラップに見事にはまって混乱していました。
前者はともかく、後者については
たまたま我が家に届いたのがそういう子だった、という可能性もあるけれど、
気付くまでものすごく時間がかかってしまいました。ふえええ……。
そして、大事なことをひとつ。
これ、「『アクション』フィギュア」っていうのは、ちょっと嘘だ。
どうにもバランスが悪い上に関節が固くて、
なかなか思うようなポーズを決めてくれません。
支柱をつけて何とか立たせるだけで精一杯。
いや、もっと思いっきり肩とか肘とか動かしても平気かもしれませんが、
怖くて力を入れられないし、
いじっている間に他のパーツが転げ落ちたりするし、
あちこちの尖った部分が手に刺さるし、んああ!
……って感じになります。
と、組み立てに関しては、個人的にはマイナス面も多いのですが、
造形そのものについては、概ね満足しています。
もともと、修羅王のシャクティのデザインは、
主人公なだけに、かっこよさと美しさを兼ね備えているので、
こうして立体化すると、すごく映えますね。うっとり…

シュラト 参考資料

Popular Artworks

サティ&レンゲ
修羅王シュラト
調和神ラクシュ
天のきざはし
花一杯に君を待つ
彼岸
追想
かえりみち
ローズビューティー2013
調和神スーリヤ
イリル・ウーンドフィンガー
にゃんこ

Profile

桜衣淑乃(SAKURAI Yoshino)
めんどくさがりやの凝り性
ラクをするための手間は惜しまず
お茶と焼き菓子とぬいぐるみが好き
日常ブログ「花楽紗 memo」

ブログ アーカイブ

HOMETOPCONTACT

Powered by Blogger | Designed by QooQ