ムック【9】:「創世への暗闘〈彷徨篇〉」

  • 「ケイブンシャの大百科別冊 天空戦記シュラト 創世への暗闘〈彷徨篇〉」
  • 発行元:勁文社(1992年)
  • 表紙イラスト(セル原画):戸部敦夫
  • イラスト:奥田万つ里、成田りな、こおはらしおみ、白砂木圭、南京ぐれ子
  • 判型:B5判
表紙に「OVA FILM STORY VOL.1~3」とあるとおり、
OVAの前半3話を扱ったムックです。
タイトルの「彷徨篇」という名称は、便宜上つけられたもののようですね。
(巻末にてその旨が明記されています)
ちなみに、続編というか、後半3話分についてのムックはとうとう出なかった様子。
まぁ、無理もないか……(遠い目)。
でも、やっぱり、前半分のみでは中途半端で残念です。
巻頭の、奥田さんによる描き下ろしイラスト(八部衆 / 見開き)は、
うーん、何というか、ちょっと薄気味悪くて……。
ガイは「帰らぬ人」って感じだし、その他の7人は亡霊みたいで怖い。
怖いといえば、EDの美奈さん(&ガイ)のイラストも。
きれいなんだけど、それがまた余計に……。

「OVA CHARACTER」では占い師姿のクウヤが載っているのですが、
机の上に、水晶玉やらタロットカード(?)やらに混ざって
ハクション大魔王のアレみたいな壷が!
タツノコつながりということで、スタッフの遊び心かな?
OVAだと画面に収まらずに切れてしまっていて気付きませんでした。
「OVA FILM STORY」は、多めにページを割いてストーリーを解説しているので
とてもわかりやすいです。
OVAをご覧になっていない方にもおすすめしたくなるくらい親切。
そして、各章最後の「STORY OUT FOCUS」では、
そのちょっと軽めのコメントに笑わせてもらいました。
特に、巻之二「懐想逝水」のガードレールで踊るスクリミールに対する
「平均台の練習かしら? オリンピックも近いことだし……」とか。ぷぷっ。
モノクロページの「要チェックシーンはこ・こ・よ」は、
同人作家さんたちによる見どころガイドです。
ファンが思うところはみな同じだった模様(多くは語るまい)。
「制作資料集」では、奥田さんによる細かい指定やコメントが、
とても興味深くておもしろいです。
こだわりが感じられますね~、「下着図鑑」までついているし。
でも、
「シュラト&ヒュウガは褌(ふんどし)派、その他はレオタード派」とのことですが、
リョウマって、水浴びする時(TVシリーズ第17話)、褌してましたよね?
このムックでも同じツッコミを発見しましたが……、あれれ?
初出:2005.4/11
\ You may also like /
HOMETOPEDIT