その他書籍【2】:「奥田万つ里画集」

  • 「Epitaph. 奥田万つ里画集 エピタフ~風の墓標」
  • 発行元:バンダイ(1991年)
  • 判型:A4判
2020年現在、奥田さんの画集として発行されている唯一の本。
「シュラト」を中心に、多数のイラストが収録されています。
TVシリーズ関連のものは、CDやビデオなどのジャケット類から特典ポスターまでを
もれなく(たぶん)掲載。
放映開始前後に雑誌向けに描き下ろされたものも見ることができて、
当時アニメ誌を一歩遅れて買い始めた私はうれしかったです。
また、キャラの設定資料も、一部ずつではありますが
TVシリーズ・OVAどちらも紹介されています。
インタビュー記事も付いていて、質・量ともに読み応えがありました。
イラストを描く上での
「制約がある中でも、自分でそれなりにひねくるのが面白い」
「『その限られた中で、何ができるか』っていう『遊び』にして楽しまなきゃ損」
(P80より抜粋)という言葉がとても印象的。
そして、こっそり共感もしています。

「シュラト」以外では、「銀河英雄伝説」「インナーテラリストシリーズ」
「妖魔」「カリフォルニアクライシス」などのイラストや設定資料が見られます。
「銀英伝」は大学の時に原作にはまっていました。
あと、「妖魔」! 原作も好きですし、OVAも見ましたよー、懐かしいです。
この画集が発行されたのは、ちょうど「シュラト」のOVAが出る直前あたりでした。
そのため、その後世に出た小説版「創世への暗闘」の表紙&挿し絵と、
角川版の(TVシリーズの)小説の表紙は未収録です。
もちろん、DVD関連のものも。
いつか、小説版がめでたく完結した暁には、
それらももれなく収録された画集が発行されるといいなぁ。
初出:2005.7/4
\ You may also like /
HOMETOPEDIT