勢至天パールヴァティ

蓬莱山の聖女

  • よみがな:せいしてんーー
ラクシュの育ての親であり、その故郷である蓬莱山を治めているお方。
また、ヴィシュヌ様のお若い頃から天空殿にて女官長を務めていたとか。
ということは、少なくとも1万歳を超えているのだろうけれど、
ヴィシュヌ様と同じように、
神々しい美しさと温かなソーマをお持ちでいらっしゃるようです。
彼女はラクシュの実の両親について何か知っているようですが、
それはまだ本編では明かされていません。
というか、元から存在しない……のかなぁ。
いや、まさかそんな……。
でも、ラクシュが蓬莱山を出る前から、
ラクシュが吉祥天である可能性には気付いていたのでしょうね。
あの時「天空界を肌で感じてください」(第1巻第1章)と送り出したのは、
ブラフマー(&ヴィシュヌ様)が次期創造神候補である修羅王&夜叉王の魂を
人間界へ送ったのと同じ理由だと思うので。
↑これって、「天空界の他の世界で見聞を広めるため」と
「天空界と人間界が密接なつながりを持っていることを知るため」だったのだと
どこかで読んだ気がするのですが、違ったっけ? あれ?
第二部では、ラクシュの出生のみならず、
いろいろな情報をいっぱい教えてくれるとうれしいな。
ちょっと期待しています。
初出:2003.9/15
\ You may also like /
HOMETOPEDIT