烏枢沙摩明王マユリ

幻夢衆の長

  • よみがな:うすさまみょうおうーー
  • 声:小杉十郎太
  • 所属:幻夢衆
  • 神甲冑:ーー
  • 武器:五鈷鈴
  • 触媒:霧
  • 必殺技:ーー
ヴィシュヌ様直属の特殊な神将部隊・「幻夢衆」の長。
幻夢衆は他の神将とは違って世襲制とのことですが、
3000人の集団の頂点に立つというのはその実力ゆえなのだろうし、
やっぱりすごいことだと思います。
アニメ版ではいつもサラスと共に行動していて、
その「夫婦」なノリがけっこうお気に入りだったのですが、
小説版では2人はほとんど別行動で、ちょっと淋しかったです。
それに、第一部ラストの時点では、
シュラトたちはまだマユリのことを名前と存在しか知らないんですよね。
シュラトたちを幾度となく助けているけれど、
彼ら幻夢衆はまさに「影」に徹していますから。
ほんとうに、彼らがいなければ、
シュラトたちは天空殿まで辿り着けなかったかも知れないなぁ。
アニメ版の彼は、神供門(じんくもん)で多数の神将を相手に一人で戦い
壮絶な最期を遂げますが、
小説版ではその役を部下(小説版オリジナルキャラ)が肩代わりしてくれたので、
死を免れることとなりました。
でも、死んじゃうのもいやだけど、ひとり残されるのもまた辛いよね……。
それに、生き残った分さらに壮絶な最期が用意されているのでは、と思うと……。
と、とりあえずは、第7巻以降でも活躍してくれることを祈ります。
初出:2003.3/31
\ You may also like /
HOMETOPEDIT